車線変更時にサイクリング中の自転車をひき逃げ、トラック運転者を逮捕

28日午前4時20分ごろ、茨城県常総市内の国道294号を走行していた自転車2台に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突する事故が起きた。2人は死傷。トラックは逃走したが、警察は後に運転者を逮捕している。

自動車 社会 社会
神奈川から青森までサイクンリングの旅に出ていた大学生に対し、後ろから進行してきた大型トラックが衝突した。この事故で2人が死傷しており、警察は現場から逃走していたトラックの運転者を逮捕している。

☆☆☆

28日午前4時20分ごろ、茨城県常総市内の国道294号を走行していた自転車2台に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突する事故が起きた。2人は死傷。トラックは逃走したが、警察は後に運転者を逮捕している。

茨城県警・常総署によると、現場は常総市新石下付近で片側2車線の直線区間。サイクリング中の自転車3台は道路左側り路肩を走行していたが、第2車線から第1車線へと車線変更してきた大型トラックがこのうち1台目と2台目の自転車に衝突した。

この事故で2台の自転車は転倒。1台目に乗っていた24歳の男性は頭部を強打。意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、回復しないまま約10時間後に死亡した。2台目に乗っていた21歳の男性は骨折などの重傷。3台目に乗っていた男性は衝突被害を免れ、ケガはなかった。

トラックは現場から逃走しており、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。周辺に設置されていた防犯カメラ映像から容疑車両を特定し、翌29日に千葉県多古町内に在住する69歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

死傷した2人は神奈川県内に在住しており、自転車で青森県内へ向かう途中だった。事故当日は千葉県松戸市を出発し、栃木県宇都宮市まで向かう予定だったという。現場は夜間の見通しが悪い区間で、逮捕された男は警察の聴取に対し、「何かに当たった気はしたが、自転車だとは思わなかった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

事故はトラックが車線変更した際に発生していた。3台の自転車は道路左側の路肩を縦列で走行していたが、1台目と2台目が被害を受けていた。前方を走行する自転車の存在を認識しないまま、トラックが車線変更していた可能性が高いとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集