ホンダ、モトクロッサー直系『CRF450L』を国内導入へ 最高出力は24psとマイルドに

モーターサイクル 新型車
ホンダ CRF450L
  • ホンダ CRF450L
  • ホンダ CRF450L
ホンダは、市販モトクロッサー『CRF450R』に保安部品を装着した高性能オフロードモデル『CRF450L』を9月20日に発売する。

CRF450Lは「Attack next trail」を開発キーワードに、CRF450Rで培ったオフロードでの走破性を備えるとともに、公道走行を含めた幅広いシーンで操る楽しさを実現したモデル。今年5月に欧州と米国で発売され、今回、日本国内への正式導入が決定した。

CRF450Rに採用されている水冷4ストロークOHC(ユニカムバルブトレイン)4バルブ単気筒エンジンをベースに、バルブタイミングや圧縮比など各部の仕様を変更。CRF450Rは最高出力55ps以上を発生するが、こちらは公道やオフロード走行での扱いやすさと環境性能を両立させるため、最高出力は24psに抑えられている。

車体はCRF450Rのフレーム、スイングアームをベースに各部の剛性を最適化。前後サスペンションはCRF450Rをベースに専用セッティングを施すことで、オフロード走行に必要な路面追従性と公道走行時の快適性を追求。また、すべての灯火類はLEDを採用することで軽量コンパクト化を図るとともに、消費電力を低減。リチウムイオンバッテリーの採用により車体の軽量化とマスの集中化を図っている。

カラーリングはホンダのモトクロスマシンに採用されているエクストリームレッドを主体色に、ホイールリムをブラックとすることでCRF450Rと同様の精悍なデザインとしている。

価格は129万6000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集