ホンダ、アジア二輪車大幅増などで増収増益 2018年4-6月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
本田技研工業 本社(東京青山)
  • 本田技研工業 本社(東京青山)
ホンダは7月31日、2018年4月~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。2期連続の増収増益となった。

すべての事業における増加などにより、売上高は前年同期比8.4%増の4兆0241億円と、2期連続の増収となった。営業利益は、メキシコの水害影響や為替影響などはあったものの、北米地域での四輪車とアジアでの二輪車の好調な販売などによる利益増や販管費の減少などにより、同11.2%増の2993億円。7期連続の増益となった。税引前利益は、同6.9%増の3582億円。四半期利益は同17.8%増の2443億円となった。

2018年4-6月期のグループ販売台数は四輪が同3万8000台増の130万5000台。二輪は同65万3000台増の535万2000台の大幅増となった。

通期の業績見通しは、売上高を15兆4500億円(前回予測比1500億円減)に下方修正。営業利益は7100億円(同100億円増)、税引前利益は9300億円(同100億円増)、純利益は6150億円(同450億円)にぞれぞれ上方修正した。

記者会見した倉石誠司副社長は、メキシコ工場の水害の影響について「生産再開は…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日野自動車、国内外販売好調で2年連続の増収増益 第1四半期決算 画像 日野自動車、国内外販売好調で2年連続の増収増益 第1四半期決算
  • 日産自動車、3年連続の減益…原材料高騰や為替変動が影響 第1四半期決算 画像 日産自動車、3年連続の減益…原材料高騰や為替変動が影響 第1四半期決算
  • フォードモーター、純利益は48%減 2018年第2四半期決算 画像 フォードモーター、純利益は48%減 2018年第2四半期決算
  • ダイムラー、実質利益は29.5%減 2018年第2四半期決算 画像 ダイムラー、実質利益は29.5%減 2018年第2四半期決算

特集