マツダ、社員の災害ボランティア参加をバックアップ 平成30年7月豪雨

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ本社(広島)
  • マツダ本社(広島)
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
マツダは、平成30年7月豪雨による被災地域の復旧・復興支援を最優先に、地元企業として人材や物資の支援などを迅速に行っている。

特に人材支援については、ボランティア等の参加に活用できる「ハートフル休暇」について、休暇手当を従来の70%から100%支給、適用日数は10日から無制限に見直し、従業員に災害ボランティアへの自主的な参加を推奨している。

マツダ社員はこれまで、現場作業支援や事務作業支援に、ハートフル休暇取得者数(のべ457人)およびマツダ親和会による無給災害ボランティア(のべ55人)を含むのべ745人が支援活動に参加。マツダ病院の医師・看護師・保健師などのべ83人は医療支援にも参加している。

物資支援では、土のう袋2850袋、飲料水など2万4880リットル、軍手・手袋602セット、マスク336枚、タオル1310枚、雑巾346枚などを送ったほか、社用車7台の貸し出しや復旧活動用のトラック10台の寄贈を行っている。また、鯛尾トレーニングセンター(安芸郡坂町)を災害ボランティアの宿泊施設として開放。さらに義援金1億円を寄付、本社ロビーではたる募金を7月26日から実施している。

マツダは、今後も地域住民や取引先などと連携して、地域の安全や交通状況などに配慮した操業・勤務を実施するとともに、早期の復旧・復興に貢献する取り組みを推進していくとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 平成30年7月豪雨、三菱自動車の池谷副社長「できる限りの支援協力で地元への”恩返し”を」[新聞ウォッチ] 画像 平成30年7月豪雨、三菱自動車の池谷副社長「できる限りの支援協力で地元への”恩返し”を」[新聞ウォッチ]
  • ニッポンレンタカー、乗用車10台を3か月間無償レンタル 平成30年7月豪雨 画像 ニッポンレンタカー、乗用車10台を3か月間無償レンタル 平成30年7月豪雨
  • 平成30年7月豪雨の被災地、自賠責保険の継続契約手続き8月6日まで猶予 画像 平成30年7月豪雨の被災地、自賠責保険の継続契約手続き8月6日まで猶予
  • 車検の有効期間を8月6日に再延長、対象地域を拡大 平成30年7月豪雨 画像 車検の有効期間を8月6日に再延長、対象地域を拡大 平成30年7月豪雨

特集