【東京キャンピングカーショー2018】来場者は2万2867名、盛況で終了

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
  • 東京キャンピングカーショー2018
東京キャンピングカーショー2018(主催:東京キャンピングカーショー2018 実行委員会)が21~22日の2日間、東京ビッグサイトで開催された。主催者発表によると、過去最多となる216台の車種が出展し、開催期間中の来場者は2万2867名となった。

東京キャンピングカーショーは、東京エリアにおける本格的なキャンピングカーの展示会だ。話題の軽キャンピングカーから、夢が広がる大型キャンピングカーまで、多種多様なキャンピングカーが毎年、集結する。今回は開催10周年という節目を迎え、過去最大の展示面積で開催された。

今年も、ラグジュアリーなキャンプスタイル「グランピング」のブームから人気となっている「グランピングカー」が各メーカーから出展された。一方で、リーズナブルな価格と気軽にキャンプを楽しめることから、注目が集まっている「軽キャンピングカー」も登場するなど、キャンパーの需要に特化した車種が多く見られた。

日本RV協会が2018年7月に発表した調査によれば、2017年のキャンピングカー総売上合計金額は424億6975万円に達する。前年の売上は365億4291万円で、過去10年の出荷台数も右肩上がりとなっており、市場は堅調に成長を続けているという。

7月26i日に開幕した「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」のみどころは…
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集