市販用タイヤ、国内需要見通しを下方修正 2018年

自動車 ビジネス 国内マーケット
エコピア EP150(参考画像)
  • エコピア EP150(参考画像)
  • 2018年新車用タイヤ需要見通し
  • 2018年市販用タイヤ夏・冬用需要見通し
日本自動車タイヤ協会は7月23日、2018年の市販用タイヤの国内需要見通しを下方修正した。

国内の実質経済成長率は、当初見通しの1.3%から1.0%へ下方修正。自動車生産台数は当初見通しを上回る907万3000台と見込まれ、国内販売台数は当初見通し通りの同1%減で518万3000台、輸出台数は横ばいから同5%増の492万台へ上方修正された。これらを織り込み、同協会では、自動車タイヤ国内需要見通しの修正を発表した。

新車用タイヤは、乗用車用タイヤの上期実績が前年比同±0%。下期も前年並みと見込み、年間では当初見通しより1ポイントアップ、78万4000本増の3781万2000本(前年比±0%)へ上方修正した。小形トラック用タイヤの上期実績も同±0%。年間では当初見通しより2ポイントアップ、同11万7000本増の527万8000本(同±0%)へ上方修正。トラック・バス用タイヤの上期実績は同6%減。年間では当初見通しより3ポイントダウン、同5万1000本減の135万1000本(同-3%)へ下方修正した。

市販用タイヤは、乗用車用夏タイヤの上期実績は同9%減。年間では当初見通しより2ポイントダウン、同9万3000本減の3384万本(同2%減)へ下方修正。冬用タイヤの上期実績は降雪の影響で同42%増。年間では当初見通しより1ポイントダウン、同37万2000本増の1714万3000本(同3%減)へ上方修正した。小形トラック用タイヤの上期実績は夏冬合計で同4%減。年間では当初見通しより2ポイントダウン、同7万4000本減の1359万7000本(同1%減)へ下方修正。トラック・バス用タイヤの上期実績は夏冬合計で同12.0%減。年間では当初見通しより2ポイントダウン、2万6000本減の541万5000本(同2%減)へ下方修正した。

7月26~29日に開催される「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」のみどころは…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集