UDトラックス、パキスタンで大型トラック「クエスター」の販売開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
UDトラックス・クエスター
  • UDトラックス・クエスター
UDトラックスは、パキスタンで新興国市場向け大型トラック『クエスター』の販売を開始すると発表した。

2億人以上の人口と豊富な若年層を有し、経済的な潜在性が高いとされるパキスタンは、中国が一帯一路政策の要として推進している中国・パキスタン経済回廊(CPEC)プロジェクトに伴う内需拡大とインフラ整備により、さらなる輸送需要の拡大が見込まれる。また、低速度で大量の貨物を運搬する従来の輸送方式から、高速かつ効率的に、そして安全に輸送する近代的な方式へと転換が進み、トラックに対する市場のニーズも変化。耐久性能や積載性能に加え、燃費性能や動力性能そして安全性能が求められる様になっている。

パキスタンの商用車市場は日本ブランドの占有率が高く、UDトラックスも50年以上にわたり、同国ユーザーにトラックを提供。高品質で耐久性に優れるとともに、細かなニーズに合わせてカスタマイズできる点が評価され、建設業や物流業を中心としたユーザーから高い評価を得てきた。

今回、UDトラックスがパキスタンに導入するクエスターは、高馬力車の需要が見込まれる石油製品輸送を手掛けるユーザーをターゲットに、6×4トラクター(後輪2軸駆動)、6×2トラクター(後輪1軸駆動)、6×4リジット(単車)の3モデルを投入。優れた安全性能に加え、GH11エンジンの搭載により370馬力という高出力を実現。パキスタンのユーザーニーズに応えるとともに、エネルギー輸送需要の獲得を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集