鈴鹿サーキットに冒険プール「アクア・アドベンチャー」オープン 6月30日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
アクア・アドベンチャー
  • アクア・アドベンチャー
  • アドベンチャープールエリア
  • とびだスライダー
  • アドベンチャーウェーブエリア
  • アドベンチャースライダー
  • アクア・アドベンチャーベイビーエリア
  • アドベンチャーリバー&アイランドエリア
  • アドベンプッチエリア
鈴鹿サーキットは、子どもが思い切り遊びつくせる「みんなの冒険プール アクア・アドベンチャー」を6月30日にオープンする。

「冒険・発見・体験」がテーマのアクア・アドベンチャーは、5種類のプールエリアと3種類のスライダーを用意。0歳~小学生まで、子どもの年齢に合わせたプールやアトラクションがあり、家族で安心して楽しむことができる。

「アドベンチャープールエリア(水深10~60cm)」は、山や川、滝など自然の地形を活かしたさまざまな水遊びアイテムがあるメインプール。水をかけ合い相手のドラム缶をいっぱいにしてひっくり返す「ウォーターキャノン」や、上流の水源を目指す「沢登り」、飛び出すスライダー「とびだスライダー」など、子どもの冒険心をくすぐる仕掛けを随所に用意している。

「アドベンチャーウェーブエリア(水深100cm)」は、不思議なボールが波を作る「波のプール」と、「ゆらゆら桟橋」や「ぷかぷかボックス」といった水上のアスレチックを組み合わせた日本初の、波の上のアスレチックプールエリア。水の上ならではの不安定なアトラクションが、子どもの好奇心を掻き立てる。

「アドベンチャースライダー(身長120cm~)」には、仲間と協力して目標タイムに挑戦する「パワーバトルスライド」と、2人で一緒に滑ってスリルを味わえる「チューブスライド」、2種類のスライダーを設置。パワーバトルスライドでは、同時に滑る2人の合計タイムが目標時間をクリアすると祝砲「できたキャノン」が打ちあがり、達成の証として「パワーバンド」が手に入る。

「アドベンプッチエリア(最大水深20cm)」は、探検家や乗り物になりきって、数々の指令にチャレンジし、「パワーリング」を探す冒険が楽しめるキッズプール。三重大学監修のもと、幼児教育の観点が取り入れられたプールで、子どもが自然と水に慣れ親しみながら成長ができるエリアとして2017年の夏に登場した。

そのほか、ゆったり水が流れる流水プール「アドベンチャーリバー&アイランドエリア」や、乳幼児のプールデビューに最適な「アクア・アドベンチャーベイビーエリア」を備える。

プール券(入園+プール入場)の料金は、大人(中学生以上)2900円、子ども(小学生)2000円、幼児(3歳以上~未就学児)1400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集