盛岡駅周辺、尾瀬国立公園、沖縄に電気バスや超小型モビリティ導入へ 国交省が支援

自動車 社会 行政

日産 ニューモビリティコンセプト(参考画像)
  • 日産 ニューモビリティコンセプト(参考画像)
国土交通省は、環境に優しい交通サービスの導入する事業者を支援する事業で、盛岡駅周辺、尾瀬国立公園、沖縄全域に、電気バス4台、超小型モビリティ20台が導入されると発表した(8日)。

国土交通省では、環境に優しい電気バスなどを使った交通サービスの普及を促進するため、バス事業者や地方公共団体などに対して車両の導入費用などを補助する「地域交通グリーン化事業」を実施している。

今回、公募期間中に申請があった3事業を、補助対象事業として認定した。岩手県交通は盛岡駅周辺の主要路線バスに電気バス1台、電気自動車用急速充電設備1基を導入する。会津乗合自動車が尾瀬国立公園を運行する路線に電気バス4台、電気自動車用急速充電設備5基を導入する。

ゆいも推進協議会は沖縄本島と与那国島に超小型モビリティ20台、電気自動車用普通充電器2基を導入する。

補助対象事業には、車両本体価格などの3分の1、充電設備の設置にかかる工事費の実額(上限まで)が補助される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集