タイヤの「空力」を高精度にシミュレーション、東洋ゴムが新技術開発

自動車 ビジネス 企業動向

モビリティ・エアロダイナミクス技術
  • モビリティ・エアロダイナミクス技術
  • モビリティ・エアロダイナミクス技術
  • モビリティ・エアロダイナミクス技術
東洋ゴムは5月30日、「空力特性の高いタイヤ」を実現するうえで有効な、独自の「モビリティ・エアロダイナミクス(空力シミュレーション)技術」を確立したと発表した。

空力は自動車走行時、必ず受ける抵抗であり、これを低減することは燃費向上につながる。走行中のタイヤは、常に荷重を支えながら変形、回転。タイヤ周辺で空気の流れが生じ、車両の空力特性に直接的な影響を及ぼしている。

今回、東洋ゴムが確立したモビリティ・エアロダイナミクスは、タイヤ接地転動状態でのタイヤおよび車両の空力特性を解析・予測できる技術。実際のタイヤのさまざまなパターンデザインを用いて、タイヤへの荷重や車両の走行速度、また、さまざまなホイールや車体形状といった個別条件を組み合わせ、「空力」を高精度にシミュレーションできる。

これによって今後、自動車メーカーが開発車両に必要とする燃費向上や航続距離伸長に対して、東洋ゴムは諸条件を組み合わせながら、個別の車両に求められる空力特性を実現できるよう最適なタイヤが提案可能。また、高精度なシミュレーションに基づいて「空力特性の高いタイヤ」を開発し、市場に供給していくことも可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集