PSAグループ、欧州拡大戦略を加速…フランス・パリに初のオペル販売店

自動車 ビジネス 海外マーケット

PSAグループがフランス・パリに初のオペル販売店を開業
  • PSAグループがフランス・パリに初のオペル販売店を開業
  • PSAグループがフランス・パリに初のオペル販売店を開業
  • PSAグループがフランス・パリに初のオペル販売店を開業
PSAグループは5月28日、欧州における拡大戦略を加速させる目的で、フランス・パリに初のオペル販売店を開業した、と発表した。

PSAグループは2017年8月、GMからオペルを買収。オペルと英国のボクソールが、PSAグループに加入した。

これにより、PSAグループは、プジョー、シトロエン、DSと合わせ5ブランドを擁する自動車メーカーに。フォルクスワーゲングループに次ぐ欧州第2位の地位を確保している。

PSAグループは今回、フランス・パリ市内15区に初のオペル販売店を開業。パリ環状道路に近い交通量の多い場所に位置。年間400台の車両を販売する予定で、本格的なアフターサービスも提供していく。

PSAグループは、この新ディーラーは欧州全体での戦略的なPSAグループの成長計画の第一歩になる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集