日本特殊陶業、全固体電池などの次世代車向け製品を紹介へ…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

日本特殊陶業ブースイメージ
  • 日本特殊陶業ブースイメージ
日本特殊陶業は、5月23~25日にパシフィコ横浜、7月11~13日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー2018」に出展する。

内燃機関の燃費向上やエミッション低減や、長年培ってきたセラミックス技術を活用した次世代自動車向けの製品などを紹介する。

次世代自動車関連として同社が開発している「全固体電池」、完全自動運転や高度道路交通システムなど、将来の大容量データ通信を支える「高周波用途多層TCC」、燃料電池車の安全確保に寄与する「水素漏れ検知センサ」を展示する。

プラグ関連では、高い着火性能と絶縁性能をスパークプラグに要求するダウンサイジング高過給ターボエンジン向けに開発したターボエンジン用高着火スパークプラグを展示する。

また、セラミックグロープラグと燃焼圧センサーを一体化することで、異常燃焼を検知し、エミッション低減に貢献する「セラミックGIPS」を展示する。

センサ関連では各国の環境規制強化に対応する四輪車用センサに加え、排気ガスの熱を利用したヒーターレス二輪用小型センサを展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集