クラリオン、クラウド活用型車両管理サービスなどを紹介予定…運輸・交通システムEXPO2018

自動車 テクノロジー ネット

SAFE-DRイメージ図
  • SAFE-DRイメージ図
クラリオンは、5月23日から25日に東京ビックサイトで開催される「運輸・交通システムEXPO 2018」に出展、安心・安全を提供する商用車向け製品・システムを紹介する。

運輸・交通システムEXPOは、運輸・交通事業&ICTの専門展示会。トラック/バス/タクシーなど運輸・運送・交通事業の「安全運転」「事故防止」「健康管理」をテーマに、安全運行を確保しつつ、効率的な運行をアシストする機器やシステム、ドライバーをサポートする製品などが多数展示される。

クラリオンブースでは、業務用車両向けクラウド活用型車両管理サービス「SAFE-DR(Smart Access for Enterprise - Drive Recorder)」を展示。SAFE-DRは、ドライブレコーダーと専用サーバーの双方向通信を実現し、運行管理者の車両管理作業サポートや、業務効率化に貢献する。

そのほか、デジタルタコグラフやタイヤ空気圧監視システム、カメラ&モニターシステム、全周囲俯瞰カメラシステム サラウンドアイなど、安心・安全を提供するクラリオン独自の商用車向け製品、システムを出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集