ブリヂストンが営業減益…補修用タイヤ販売低迷や原材料高騰で 2018年1-3月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

プリヂストンタイヤ(レクサスLS)
  • プリヂストンタイヤ(レクサスLS)
ブリヂストンが発表した2018年1-3月期(第1四半期)の連結決算は営業利益が前年同期比3%減の998億円と減益となった。

売上高は同1%増の8598億円と増収だった。乗用車の補修用タイヤの販売が同11%減となったものの、新車用が同7%増となったほか、トラックの新車用が同37%増と好調だった。

販売数量の増加やモデルミックスの改善で99億円、為替差益で20億円の増益効果があったものの、原材料の高騰で40億円、販売管理費の増加で90億円、減価償却費の増加で20億円の減益効果があり、営業減益となった。

経常利益は同4%減の634億円だった。四半期利益は同7%増の634億円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集