4月の新車総販売は3.2%増と7か月ぶりにプラス

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • ホンダN-BOX
  • 三菱自動車エクリプスクロス発表会
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5月1日に発表した4月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比3.2%増の36万6155台となり、2017年9月以来7か月ぶりにプラスに浮上した。

登録車、軽自動車ともにプラスとなっており、18年度はまずまずの好スタートを切った。このうち登録車は0.5%増の22万5390台で、ほぼ横ばいながら7か月ぶりに増加した。乗用車メーカーでは、最量販のトヨタ自動車(レクサス含む)とホンダおよびSUBARU(スバル)がマイナスとなったものの、日産自動車やマツダなど5社がプラスを確保した。

なかでも新型車効果のあるマツダ(18.2%増)、スズキ(25.9%増)、三菱自動車工業(15.7%増)はいずれも2ケタの伸長と好調だった。しかし、完成検査での無資格検査員問題や燃費・排ガスデータの書き換え問題に直面していたスバルは25.1%と大幅に落とした。

一方、軽自動車は7.8%増の14万0765台で、2か月ぶりのプラスとなった。メーカー別では日産、三菱自、スバルを除く5社が前年同月を上回った。『N-BOX』シリーズが好調なホンダは、28.8%増の大幅プラスになった。

18年度の国内新車市場は、日本自動車工業会の予測によると総台数は17年度比0.4%減の517万5100台と、3年ぶりのマイナスながら、500万台ラインは確保するとの見通し。今後は需要期の夏場にかけての動向が注目されるが、無難なスタートになった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集