交通事故死者数1000人、統計開始以来最も遅いレベル 2018年

自動車 テクノロジー 安全
事故(イメージ)
  • 事故(イメージ)
  • 交通事故死者数1000人、統計開始以来最も遅いレベル 2018年
警察庁は4月19日、2018年累計の交通事故死者数が4月18日に1000人となったと発表した。

日付別統計が残っている1970年以降、1000人となった日は最も遅く、前年との比較では2日遅かった。

前年の4月18日までの死者数は1019人だった。累計1000人が最も早かったのは1971年で1月24日だった。

累計死者数が最も多いのは埼玉で63人、次いで千葉の59人、愛知の55人、大阪の42人、神奈川の41人と続く。4月18日現在で累計死者数の前年同日と比べて最も増したのは千葉と新潟でそれぞれ12人増、ワースト3位が広島で11人増だった。

累計死者数が最も少ないのは島根で5人、次いで山形、鳥取でそれぞれ6人だった。前年同日比で最も減ったのは静岡で16人減、次いで熊本で12人減、京都の11人減と続く。

VW『ゴルフ』次期型の開発車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。これらの写真か…
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 交通事故を予測する技術 損保ジャパン日本興亜が研究を開始 画像 交通事故を予測する技術 損保ジャパン日本興亜が研究を開始
  • 無事故無違反でいるために大切なことは---交通事故の実態と悔恨 画像 無事故無違反でいるために大切なことは---交通事故の実態と悔恨
  • 交通事故の件数が年間で5.4%減、3年間で10万件減少…自動ブレーキ普及の効果?   2017年 画像 交通事故の件数が年間で5.4%減、3年間で10万件減少…自動ブレーキ普及の効果? 2017年
  • 交通事故、課題は高齢者運転と自転車関連 2017年の分析 画像 交通事故、課題は高齢者運転と自転車関連 2017年の分析

特集