近江鉄道に「ももクロ」とコラボしたヘッドマーク電車…記念乗車券も発売 4月13日から

鉄道 エンタメ・イベント

4月13日から掲出される4種類の「ももクロ」ヘッドマーク。左から百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏の各バージョン。
  • 4月13日から掲出される4種類の「ももクロ」ヘッドマーク。左から百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏の各バージョン。
  • 大学前駅・八日市駅の硬券入場券などがセットになった記念乗車券。「ももクロ」メンバーをデザインした台紙付き。4月21・22日はコンサート会場限定で合計5000セット発売され、1人2セットまで購入できる。
滋賀県の近江鉄道は、4月13日から人気女性音楽グループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)とコラボレーションしたヘッドマーク電車を運行する。

4月21・22日に、東近江市の布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)で開催される「ももクロ」のコンサートにちなんだもので、5月6日まで100形と800形の各1編成に「ももクロ」のメンバーの写真とイメージカラーがデザインされたヘッドマークを掲出する。

ただし、コンサート開催当日は、ヘッドマークを会場内で展示する予定で、車両には掲出されない。

このほか、コンサート開催にちなんで、4月21日から記念乗車券(1000円)やヘッドマークのキーホルダー(500円)、「キラキラファイル」(500円)を発売。記念乗車券は、硬券入場券2枚と大人用の硬券片道乗車券4枚がセットになっている。

いずれも4月21・22日はコンサート会場限定で発売。在庫がある場合は、4月23日から5月6日まで彦根・八日市・近江八幡の各駅で発売する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集