驚いてペダル踏み間違え、100円ショップに突っ込む

自動車 社会 社会

商業施設の駐車場で暴走したクルマが正面にあった100円ショップの建物へ突っ込んだ。店の外で接触した男性と、クルマが押し出したことによって店内で倒れた陳列棚に接触した女性が軽傷を負っている。

☆☆☆

26日午前10時ごろ、香川県坂出市内の商業施設駐車場で乗用車が暴走し、100円ショップの建物に突っ込む事故が起きた。この事故で建物前を歩いていた男性と、店内にいた女性が負傷している。

香川県警・坂出署によると、現場は坂出市入船町付近にある商業施設の駐車場。乗用車は駐車スペースに前向きで進入しようとしていたが、隣に止まっていたクルマと接触。この直後に急加速して車止めを乗り越え、100円ショップの建物へ突っ込んだ。

クルマは建物に突っ込む直前、前を歩いていた61歳の男性に接触しており、この男性が打撲などの軽傷。クルマはガラスを破壊して店内の什器を押し出す状態となり、店内を歩いていた67歳の女性が倒れてきた陳列棚に当たり、打撲などの軽傷を負った。クルマを運転していた同市内に在住する81歳の男性にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)や器物損壊容疑で事情を聞いている。

警察では運転者の男性が他車との接触に驚き、アクセルとブレーキを踏み間違えたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

クルマは駐車スペースに前向きで進入しようとしていたが、斜め向きで入ってきたために隣に駐車されていたクルマと接触してしまったようだ。この際にブレーキではなく、アクセルを踏み込んだことでさらなる事故につながってしまった。運転者もペダルの踏み間違えを大筋で認めているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集