オープンデッキバスで瀬戸大橋を渡る!…予約受け付け中 4月7-8日開催

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

オープンデッキバス
  • オープンデッキバス
  • オープンデッキバスからの景色
瀬戸大橋開通30周年記念事業岡山県実行委員会は、4月の瀬戸大橋開通30周年を記念して、オープンデッキバスで瀬戸大橋を渡るイベントを4月7日と8日に開催する。

このイベントは、2階部分がオープンデッキとなった開放感のある大型バスで瀬戸大橋を渡り、潮風を感じながら瀬戸内海の景色を満喫するというもの。児島ボートレース場(岡山県倉敷市)を発着点として、児島ICから瀬戸大橋がある瀬戸中央自動車道を通り、与島PAを折り返すルートを走行し、乗車時間は50分ほど。なお、途中下車は出来ない。

イベント参加にはハガキかインターネットでの事前申し込みが必要で、3月9日まで受け付けている。募集定員は4200名を予定しており、料金は無料だ。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集