NEXCO西日本、PA・SA 20か所のコンビニを一気にセブン-イレブン化 GW前より

自動車 ビジネス 国内マーケット
セブン-イレブン(参考画像)
  • セブン-イレブン(参考画像)
NEXCO西日本と西日本高速道路サービス・ホールディングスは、3月末日で契約期間が満了する、20か所のコンビニエンスストアのテナントをセブン-イレブンに変更すると発表した。

対象となるのは両社が管理する名神、近畿道、中国道、山陽道、高松道、徳島道、九州道、第二神明、合計20か所のパーキングエリア(PA)およびサービスエリア(SA)。これまではファミリーマートやミニストップ、デイリーヤマザキなどがテナントとして入っていた。

NEXCO西日本では内装工事等の実施のため、4月1日より、当該コンビニエンスストアの営業を一時休止。ゴールデンウィーク前頃に営業を再開する予定だ。

●該当するPA・SA()内は現在のコンビニエンスストア
・名神高速道路
黒丸PA(上り線・ローソン)、草津PA(上り線/下り線・ミニストップ)
・近畿自動車道
東大阪PA(下り線・ミニストップ)
・中国自動車道
社PA(上り線・ファミリーマート)
・山陽自動車道
三木SA(上り線・ファミリーマート)、白鳥PA(下り線・ポプラ)、奥屋PA(上り線・ポプラ)、佐波川SA(上り線/下り線・ファミリーマート)
・高松自動車道
府中湖PA(上り線・ファミリーマート)
・徳島自動車道
吉野川SA(下り線・デイリーヤマザキ)
・九州自動車道
須恵PA(上り線/下り線・ファミリーマート)、基山PA(下り線・ローソン)、玉名PA(上り線/下り線・ポプラ/デイリーヤマザキ)、山江SA(上り線/下り線・デイリーヤマザキ/ファミリーマート)
・第二神明道路
垂水PA(下り線・ミニストップ)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集