首都高速晴海線 晴海-豊洲間が3月10日に開通…事前公開

自動車 ニューモデル 新型車

晴海出口看板(首都高 晴海線)
  • 晴海出口看板(首都高 晴海線)
  • 片側1車線の暫定2車線(首都高 晴海線)
  • 片側1車線の暫定2車線(首都高 晴海線)
  • 湾岸線方面(首都高 晴海線)
  • 設計速度は60km/h(首都高 晴海線)
  • 晴海三丁目交差点に接続(首都高 晴海線)
  • 晴海出口(首都高 晴海線)
  • 豊洲料金所(首都高 晴海線)
首都高速道路は、晴海線の晴海~豊洲間を3月10日16時に開通させる。それに先駆けて2月7日、報道陣向けに現場が公開された。

今回開通する区間は、晴海~豊洲の間、約1.2kmの区間で、晴海三丁目交差点から現状起終点の豊洲出入口までを結ぶ。これにより、並行する有明通りや晴海通りなど晴海地区全体の混雑緩和に寄与するとともに、所要時間の短縮が見込まれるという。

また、晴海、勝どき、月島、佃、豊海地区内の緊急輸送道路と首都高速道路が直結することで防災機能が強化され、湾岸線と都心をつなぐアクセス機能の強化も期待される。

なお2月18日には、先着5000名が参加できる開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」を実施する予定だ。参加にはWEBからの事前申し込みが必要。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集