ヤナセグループ、英国車向け補修部品販売を強化…日本輸入部品販売の事業を譲受

自動車 ビジネス 企業動向

日本輸入部品販売
  • 日本輸入部品販売
ヤナセのグループ会社であるヤナセオートシステムズは、日本輸入部品販売(埼玉県所沢市)から全ての事業を譲り受け、同社に代わって事業を運営すると発表した。

ヤナセオートシステムズは、創業以来、輸入車に特化した部品販売事業を展開し、取り扱いブランドと地域の拡大を推進。また日本輸入部品販売は、1984年の会社設立以来、英国車を中心とした部品販売事業を全国の取引先に向けて展開してきた。

ヤナセオートシステムズは今回の事業譲受により、日本輸入部品販売の商品調達力と英国車部品取り扱いに関するノウハウを活かし、同社が展開する部品販売ネットワーク「ヤナセ Pa-net」のさらなる競争力向上を図る。なお、日本輸入部品販売の全社員はヤナセのグループ会社に転籍し、事業譲渡後も引き続き事業運営に携わる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集