マイクロソフトが赤字転落、コネクトカー向けクラウド事業は好調 2017年10-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームのイメージ
  • マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームのイメージ
マイクロソフトは、2017年10~12月期の決算を公表した。

同社の発表によると、2017年10~12月期の売上高は、289億1800万ドル(約3兆1850億円)。前年同期の258億2600万ドルに対して、12%増加した。

一方、2017年10~12月期の最終損益は、63億0200万ドル(約6940億円)の赤字。前年同期の62億6700万ドルの黒字から、赤字に転じた。

赤字となった要因は、税制改正の影響で2017年10~12月期に、138億ドルを計上したため。そんな中、マイクロソフトのクラウドプラットフォームで、コネクテッドカー技術にも用いられている「Azure」(アジュール)事業は好調。2017年10~12月期のアジュール単体の売上高は、前年同期に対して98%増加している。

なお、マイクロソフトのアジュールは、日本の自動車メーカーでは、トヨタや日産が採用している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集