豊田合成と日本化薬、資本提携…エアバッグ開発・供給体制を強化

自動車 ビジネス 企業動向
協力関係強化のイメージ
  • 協力関係強化のイメージ
豊田合成と日本化薬は2月2日、協力強化に向けて資本提携を行い、エアバッグ事業での開発・供給体制を強化すると発表した。

豊田合成と日本化薬は、従来からエアバッグの主要部品であるインフレータ(ガス発生装置)などの取引で良好な協力関係を築いてきた。現在エアバッグは、世界各国で安全規制強化を背景に需要が急拡大。両社は今回の資本提携を機にグローバルでのエアバッグの安定的な供給・品質保証体制の強化を図っていく。

またエアバッグ事業など安全分野に加え、新素材の分野でも連携し、将来を見据えた製品開発を進めていく。なお今回の資本提携は、約10億円の株式持ち合いとなる予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集