日本化薬6-8月期決算、為替差損で経常減益

自動車 ビジネス 企業動向
日本化薬が発表した2009年6 - 8月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比13.3%増の38億5000万円と増益となった。

売上高は同8.0%減の335億7300万円と減収となった。機能化学品事業、セイフティシステムズ事業が属する電気・電子機器、半導体、自動車の産業の需要が低迷したため。

営業利益は医療事業が堅調に推移したため増益となった。経常利益は為替差損の影響で同12.5%減の38億6500万円だった。

当期純利益は前年同期に関係会社の株式評価損を計上した反動で同45.4%増の20億5700万円となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 信越化学、09年中間期業績予想…大幅な減収減益 画像 信越化学、09年中間期業績予想…大幅な減収減益
  • ユニプレス第1四半期決算…合理化効果などで黒字をキープ 画像 ユニプレス第1四半期決算…合理化効果などで黒字をキープ
  • BMW 09年4-6月期決算は黒字、中間期は赤字に 画像 BMW 09年4-6月期決算は黒字、中間期は赤字に
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース