JRがあなたの「ものがたり」をかなえます…四国まんなか千年ものがたり

鉄道 企業動向

「ものがたり」をかなえる企画は、『四国まんなか千年ものがたり』の利用客や沿線地域、関係者などへの感謝の意を込めて行なわれるという。
  • 「ものがたり」をかなえる企画は、『四国まんなか千年ものがたり』の利用客や沿線地域、関係者などへの感謝の意を込めて行なわれるという。
JR四国は、2月1日から観光列車『四国まんなか千年ものがたり』で、かなえたい「ものがたり」を募集する。

『四国まんなか千年ものがたり』の運行開始1周年を記念した企画。同列車ではこれまで「記念の旅行」というような、さまざまな「ものがたり」が生まれたという。

応募された「ものがたり」のなかから1点を選び、それを基にした『四国まんなか千年ものがたり』を5~9月に臨時運行する。運行便は「そらの郷紀行」か「しあわせの郷紀行」のいずれかとなる。

「ものがたり」運行が実現した場合、運行費用や飲食費用、演出費用はJR四国が負担。54人まで利用できる。

応募は「JR四国営業部誘客戦略室内『四国まんなか千年ものがたり』であなたの『ものがたり』かなえます係」で受け付けているが、ペンネームによる応募や18歳未満の応募はできない。締切は3月31日(必着)。

『四国まんなか千年ものがたり』は、「大人の遊山(ゆさん)」をコンセプトに2017年4月1日から運行を開始したJR四国の観光列車。キハ185系特急型気動車を改造した3両編成が使用されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集