FCA、調整後の純利益は50%増 2017年通期決算

欧米の自動車大手、FCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月25日、2017年通期(1~12月)の決算を明らかにした。

自動車 ビジネス 企業動向
フィアット500
  • フィアット500
  • ジープ・コンパス
  • マセラティ・グランカブリオ
欧米の自動車大手、FCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月25日、2017年通期(1~12月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、2017年の売上高は、1109億3400万ユーロ(約15兆1133億円)。前年の1110億1800万ユーロに対して、0.1%減とわずかに落ち込む。

一方、2017年通期の調整後の純利益は、37億7000万ユーロ(約5136億円)。前年の25億1600万ユーロに対して、50%増と大幅な増益を達成する。

好決算となった要因が、傘下のジープやマセラティなど、利益率の高いブランドの販売が伸びたため。また、南米やアジア太平洋、欧州での好調な新車販売も一因。ただし、米国での新車販売は、前年実績を下回った。

なお、2017年第4四半期(10~12月)の決算は、売上高が、前年同期比3%減の288億7600万ユーロ(約3兆9340億円)。調整後の純利益は、前年同期に対して2倍の10億9700万ユーロ(約1495億円)と、公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集