チャギントンを「実車化」、岡山電軌が年内にも運行…世界初、路面電車にイギリスの列車キャラ

鉄道 企業動向

「チャギントン電車」の運行を発表する岡山電気軌道の小嶋光信社長。右隣はデザインと監修を担当する水戸岡鋭治氏。
  • 「チャギントン電車」の運行を発表する岡山電気軌道の小嶋光信社長。右隣はデザインと監修を担当する水戸岡鋭治氏。
岡山県岡山市の岡山電気軌道(岡山電軌)は1月16日、イギリスのアニメ『チャギントン』にちなんだ観光電車「チャギントン電車」を運行すると発表した。

『チャギントン』は、「チャガー」と呼ばれる列車を擬人化したキャラクターと人間が暮らす「チャギントン」という、鉄道網が発達した街の日常を描いたテレビアニメで、2008年にイギリスBBCで放映を開始した。

現在、175か国以上の国と地域で放映されており、電気機関車やディーゼルカーのチャガーが登場するが、「チャギントン電車」では、ディーゼル機関車のチャガー「ウイルソン」と「ブルースター」が2両1編成のスタイルで登場。これらのチャガーを路面電車で「実車化」するのは世界初だという。

デザインと監修は、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が担当し、正式名称は『おかでんチャギントンリアル電車・ウイルソン/ブルースター号』。通称は『ウイルソン/ブルースター号』となる。

岡山電軌と『チャギントン』との縁は深く、同社の車両兼修理工場を利用したミュージアム施設「おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン」では、2階が「チャギントンルーム」と呼ばれる子供向けの遊び場となっている。

運行を発表する会見の席上、岡山電軌の小嶋光信社長は、「アニメの電車をリアルな電車にするのは中々苦労があったし、車両の内部はほとんどアニメには出てこないので、これは水戸岡さんのオリジナルデザインになります」と述べた上で、「今年中にはこの電車を実現させて、子どもたちの夢をかなえていきたい」としている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集