アキュラ、スポーティ仕様「Aスペック」を全車に拡大…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー

アキュラ TLXの「Aスペック」
  • アキュラ TLXの「Aスペック」
  • アキュラ ILXの「Aスペック」
  • アキュラ(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、スポーティ仕様の「Aスペック」をアキュラ主要モデル全車に拡大設定すると発表した。

Aスペックはアキュラ車をベースに、内外装をスポーティに仕上げたカスタマイズ仕様。アキュラ車で最初にAスペックが設定されたのは、2004年。セダンの『TL』にラインナップされたのが、原点だった。

現在では、『TLX』と『ILX』にAスペックを用意。アキュラ車にスポーツ性を求める顧客を中心に、支持を集めている。

アキュラはデトロイトモーターショー2018において、このAスペックをアキュラ主要モデル全車に拡大設定すると発表。具体的には、同じくデトロイトモーターショー2018で初公開された新型『RDX』に、Aスペックを投入する予定。今春には、2.4リットルエンジン搭載の『TLX・Aスペック』を発売する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集