レスポンス読者が決める『新語・流行語大賞2017』…発表

自動車 ビジネス 国内マーケット

「やっちゃえ NISSAN」の次、リーフ発表と同時に展開した日産の新ブランドキャンペーンは「ぶっちぎれ 技術の日産」がスローガンだった。
  • 「やっちゃえ NISSAN」の次、リーフ発表と同時に展開した日産の新ブランドキャンペーンは「ぶっちぎれ 技術の日産」がスローガンだった。
  • 新東名高速道路で最高速度110km/h試行開始(11月、静岡市)
  • マツダのSKYACTIV-X試験車
レスポンス読者にとって2017年の「新語・流行語大賞」はなんですか? 読者の皆さんの投稿と投票によって大賞が決まりました。

2017年に広く自動車業界の目・口・耳をにぎわせた、あるいは読者のカーライフを最もにぎわせた新語・流行語は……。

●あおり運転
●やっちゃえ日産
●不正検査

レスポンス新語・流行語大賞2017では、「投稿ステージ」で読者の皆さんに投稿していただいた言葉をもとに、編集部でノミネート語を選びました。「新語」としては微妙なものもありますが、2017年に流行った言葉、ということで。

その他のノミネート語
●アマゾン当日配送
●軽自動車白ナンバー
●高速道路110km/h引き上げ
●コネクト
●サポカー
●SKYACTIV-X
●電動化
順不同。投票ページではランダムに表示。

明るい話題、楽しい話題もあったのですが、「SKYACTIV-X」が4位で、他は少数ずつの票で別れました。1位の「あおり運転」は得票率27.3%。年の後半~終盤の残念なできごとが記憶に強く残ってしまいましたね。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース