横浜ゴム、タイヤサポートで参加者を支援…スカラシップ受付開始

横浜ゴムは12月26日、モータースポーツ参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2018」を実施すると発表した。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2017年スカラシップ獲得ポイント1位の澤平直樹選手のインテグラ
  • 2017年スカラシップ獲得ポイント1位の澤平直樹選手のインテグラ
横浜ゴムは12月26日、モータースポーツ参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2018」を実施すると発表した。

ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップは、登録したヨコハマタイヤユーザーを支援する制度で、競技の成績に応じてポイントを付与し、獲得ポイントによってヨコハマタイヤを支給する。対象レースは、JAF(日本自動車連盟)公認およびJMRC(JAF登録クラブ地域協議会)が統括するラリー、ダートトライアル、ジムカーナ、トヨタGAZOOレーシングの86/BRZレース、ラリーチャレンジ。JAF全日本選手権の場合、優勝で17ポイント、2位で12ポイント獲得。横浜ゴムは15ポイントと交換でタイヤ4本を支給する。また、若い世代のバックアップを目的として30歳以下の登録者には登録時点で8ポイントを贈呈する。

スカラシップの登録申請は2017年12月26日から2018年4月30日(当日消印有効)まで、郵送にて受け付ける。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集