クルマ側は衝突するまで気づかず---横断の高齢男性はねられ死亡

自動車 社会 社会

現場は日没後でも見通しが比較的良い区間。事故を起こした郵便局の車両は集配業務中だったという。運転者は「衝突するまで気づかなかった」と供述しているようだが、歩行者側も「自分の存在は相手から認識されている」と考えず、警戒しておいた方がよいのかもしれない。

☆☆☆

19日午後5時ごろ、宮城県仙台市青葉区内の県道で、徒歩で横断歩道を渡っていた高齢男性に対し、郵便局の集配車両(軽ワゴン車)が衝突する事故が起きた。男性は死亡。警察はクルマの運転者を逮捕している。

宮城県警・仙台北署によると、現場は仙台市青葉区芋沢付近で片側1車線の直線区間。丁字路交差点に横断歩道はあるが、信号機は設置されていない。72歳の男性は徒歩で横断歩道を渡っていたところ、交差進行してきた郵便局の集配車両にはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。クルマを運転していた太白区内に在住する48歳の男にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

聴取に対して男は「衝突するまで歩行者の存在に気づかなかった」などと供述しており、警察では前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集