東芝、車載機器向けUFS 2.1準拠の組み込み式NAND型フラッシュメモリを出荷開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

東芝 車載機器向けUFS 2.1準拠の組み込み式NAND型フラッシュメモリ
  • 東芝 車載機器向けUFS 2.1準拠の組み込み式NAND型フラッシュメモリ
東芝は車載機器向けUFS 2.1準拠の組み込み式NAND型フラッシュメモリを開発し、12月12日よりサンプル出荷を開始した。

新製品は、同社の15nmプロセスを用いたNAND型フラッシュメモリチップとコントローラーチップを一体化した制御機能付きの組み込み式NAND型フラッシュメモリ。シーケンシャルリード850MB/s、ランダムリード50kIOPsを達成。同社既存製品に比べて、それぞれ約2.7倍、約7.1倍の速度向上を実現している。

また車載用電子部品認定規格AEC-Q100 グレード2に適合し、-40度から105度の広い動作温度範囲に対応。16GB、32GB、64GB、128GB、256GBの5種類を揃え、多様な車載機器のニーズに応える。そのほか、リフレッシュ機能や温度制御機能、拡張診断機能など、車載機器に適合した追加機能を備えている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集