これだけコスパのいいスポーツカーは スイフトスポーツ 以外に無い…河口まなぶ【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット

スズキ『スイフトスポーツ』
  • スズキ『スイフトスポーツ』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」スズキ『スイフト』シリーズ
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」スズキ『スイフト』シリーズ
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの河口まなぶ氏はスズキ『スイフト』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

選考理由はまず、このモデルが日本の他のコンパクトカーとは一線を画す存在だから。

日本のコンパクトカーは生活の足としての使い勝手や燃費等に注力し横並びしている感が否めないが、スイフトにはまずデザインや走りといった、クルマの本質で勝負しようとする姿勢を感じる。それは当然このクルマがグローバルカーだからであるが、日本市場ではそれが返って(ママ)新鮮だしユニークに映る。

またスポーツモデルであるスイフト・スポーツは今回、思わず膝を打つ会心の作に仕上がったと。特に走りは、世の中に衝撃を与えた先々代モデルを遥かに凌ぎ、日本車としても久々に「走りが楽しく気持ち良い」を存分に感じた。

しかしながら価格はリーズナブルであり、スポーツモデルかつ運転支援装備も与えて200万円前後を実現した点は高く評価できる。

それだけに、世界中を探してもこれだけコストパフォーマンスの高いスポーツカーは他にはないと断言できる。その意味でスイフト・スポーツは、日本が世界に胸を張って誇れるスポーツカーと言えるだろう。

日本の自動車メーカーは、こんな素晴らしいスポーツカーを送り出せるのかと思うと、まるで自分のことのように嬉しいし、胸が熱くなる。

☆☆☆

全投票点数は下記の通り。
スズキ『スイフト』シリーズ:10点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:7点
マツダ『CX-5』:3点
ボルボ『XC60』:3点
ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』:2点

河口まなぶ|モータージャーナリスト
1970年5月9日茨城県生まれ。当初から一貫して"自動車の楽しさ気持ち良さ"を追求し続け活動を行う。雑誌、web、TV、新聞のみならず、ユーザーと直接対話するイベントも開催している。自身のブログ「まなブログforみんカラ」は月10~20万アクセスを記録する人気ブログ。また自身の動画サイト「Manavideo」チャンネルをyoutubeにて展開中。Twitterをベースにしたweb上の自動車部である「LOVECARS!」も主宰。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集