SUVに求められる安心、快適、上質、安全が高次元でバランスした XC60 …島崎七生人【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット

ボルボ『XC60』(COTY2017試乗会)
  • ボルボ『XC60』(COTY2017試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」ボルボ『XC60』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」ボルボ『XC60』
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの島崎七生人氏はボルボ『XC60』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

ボルボXC60で評価したいのは、ほどよいボディサイズのなかで、SUVに求められる安心感、快適性、上質感、それと安全性が高い次元でバランスしている点だ。

とくに走らせた際の乗員が感じることのできる懐の深い乗り味は、ボルボが長く続けてきたXCラインの持ち味で、新型でも理屈抜きでそれが実現されていることがわかる。

T8以外はオプションではあるがエアサスペンション仕様の乗り味は見事だ。もちろんドライバーにとっても神経を逆撫でされず、リラックスしてステアリングを握っていられることも見逃せない。

もちろんボルボならではの安全支援関係の機能は最新スペックが与えられ心強い。

華美に走らず、けれど上質なインテリアの仕上がりの満足度も高い。派手すぎないノーブルな佇まいも好感がもてる。

☆☆☆

全投票点数は下記の通り。
ボルボ『XC60』:10点
アルファロメオ『ジュリア』:5点
レクサス『LC』:5点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:4点
トヨタ『カムリ』:1点

島崎七生人|モータージャーナリスト/AJAJ会員
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』『アクティブビークル』『オートルート』など自動車専門誌ほか、Webなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。興味の対象はデザイン、カーAVを始め、クルマ周辺の生活スタイル、モノなども。1970年代以降に趣味で収集を始めたカタログ(クルマ、オーディオ、カメラなど)の山をどう整理していくかが、目下の課題のひとつ。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集