バイク、それとも車? PSAがシティコミューターPHV発表

PSAグループは12月6日、プラグインハイブリッド(PHV)のシティコミューターコンセプトを発表した。

エコカー EV
バイク、それとも車? PSAがシティコミューターPHV発表
  • バイク、それとも車? PSAがシティコミューターPHV発表
  • バイク、それとも車? PSAがシティコミューターPHV発表
  • バイク、それとも車? PSAがシティコミューターPHV発表
PSAグループは12月6日、プラグインハイブリッド(PHV)のシティコミューターコンセプトを発表した。

PSAグループは、「EU-LIVE」コンソーシアムに参加。欧州6か国から12の企業や団体が参画しており、二輪車と四輪車の中間的な機能を備えた都市部で効率的なシティコミューターの開発を進めている。

PSAグループが今回発表したのは、プラグインハイブリッド(PHV)のシティコミューターコンセプト。PHVパワートレインは、2個の後輪インホイールモーターと、プジョーのスクーター用の単気筒ガソリンエンジンで構成。最高速130km/hの性能を発揮する。

サムスンSDI製の48Vバッテリーを搭載。ゼロエミッションモードでは、最高速70km/hの性能を発揮する。1回の充電での航続は、ガソリンエンジンと合わせて300kmを確保している。

ボディサイズは、全長2400mm、全幅850mmとコンパクト。回転式のドアは、駐車の際のスペースに配慮したもの。シートベルトとエアバッグが装備されており、走行時にヘルメットの着用は必要ないという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集