環境変化…ニッポンレンタカー、フランチャイズシステムを廃止して直営体制へ

ニッポンレンタカーサービスは、フランチャイズシステムを12月末に廃止して2018年1月から同社と同社子会社による直営体制に移行すると発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
ニッポンレンタカーサービスは、フランチャイズシステムを12月末に廃止して2018年1月から同社と同社子会社による直営体制に移行すると発表した。

「所有」から「使用」への顧客ニーズの変化やインバウンド需要の増加、事業者間の競争激化など、レンタカー事業を取り巻く環境は変化している。こうした中で同社では、グループを従来以上に強固な事業体とすることでスピーディでよりダイナミックな事業運営が必要と判断した。

同社は1969年から地元鉄道やバス会社などによるフランチャイズシステムを展開してきたが、2017年末で廃止する。

同社では今後、直営体制として、11月から本格的に運用を開始した新しいビジネスモデルによるカーシェア事業や、各分野の有力企業との提携による新規事業展開に取り組む。

同社は東京センチュリーの子会社だが、今回の事業運営体制の変更に伴って東京センチュリーの出資比率は議決権ベースで88.4%となり、ANAホールディングスが11.6%となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集