ホンダの世界生産、4.3%増の255万6999台で過去最高を更新 2017年度上半期

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ埼玉製作所寄居工場
  • ホンダ埼玉製作所寄居工場
  • ホンダ 米インディアナ工場
ホンダは10月30日、9月および2017年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

●世界生産、9月度新記録で5か月連続プラス

9月の世界生産は前年同月比1.3%増の45万5263台、9月度新記録で5か月連続のプラスとなった。国内生産は同6.8%減の7万0094台で2か月ぶりのマイナスとなったが、海外生産は中国で月間新記録を達成するなど好調。同2.9%増の38万5169台、9月度新記録で5か月連続のプラスとなった。

国内販売は同8.4%増の7万6003台で3か月連続のプラス。登録車は同1.7%減の3万7411台で3か月ぶりのマイナスとなったが、軽自動車は同20.4%増の3万8592台、2ケタ増で2か月ぶりのプラスとなった。

輸出は同70.7%減の3998台で4か月連続のマイナスだった。

●中国生産が過去最高を記録 2017年度上半期

2017年度上半期の世界生産は前年同期比4.3%増の255万6999台と6年連続のプラス。5年連続で、年度上半期の生産台数記録を更新した。海外生産は同4.4%増の217万4621台と、6年連続のプラス。アジア生産および中国生産が上半期として過去最高を記録した。国内生産も同3.5%増の38万2378台で、2年連続のプラスだった。

国内販売は、同3.6%増の33万3113台と3年ぶりのプラス。登録車は同1.6%増の18万0903台、軽自動車も同6.0%増の15万2210台、いずれも数字を伸ばした。

輸出は同50.1%減の3万5533台で、3年ぶりのマイナスだった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集