本体とコントローラーが一体化…家庭用「電車でGO!」の新タイプが2018年2月に発売

鉄道 エンタメ・イベント

懐中時計も置ける家庭用「電車でGo!」の一体型バージョン「電車でGO! PLUG & PLAY」
  • 懐中時計も置ける家庭用「電車でGo!」の一体型バージョン「電車でGO! PLUG & PLAY」
株式会社タイトーはこのほど、「電車でGO! PLUG & PLAY」を2018年2月に発売することを明らかにした。

鉄道運転のシミュレーションを手軽に楽しむことができる「電車でGo!」シリーズは、1997年に家庭用ゲーム機としてPlayStation版が初めて発売されて以来、ゲーム機(またはPC)本体と専用コントーラーの組合せを基本としてプレイできる仕組みだったが、今回発売される「PLUG & PLAY」は、その両方が一体化したもので、テレビなどのHDMI端子に接続すれば簡単にプレイを始めることができるという。

コントローラー部分は、マスコンとブレーキが独立したオーソドックスなもので、画面は、2004年に発売されたPlayStation 2専用ソフト「電車でGO! FINAL」を高解像度化(720P)・ワイド化(16:9)。音声はHDMIのリニアPCMに対応している。

収録されている路線は中央線(東京~高尾間)、JR山手線、JR大阪環状線、JR京都線・JR神戸線(京都~大阪~神戸間)で、登場する車両は103系などの通勤形や、E4系「Max」などの新幹線車両、寝台特急『あかつき』『彗星』を引くEF66形電気機関車など多彩だ。

運転乗務と車掌乗務の2つのゲームモードを搭載しており、ゲームに登場する車両のデーターや映像を見ることもできる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集