【農業ワールド2017】IT農業や6次産業化…進化する農業 10月11-13日

自動車 ビジネス 企業動向

幕張メッセ
  • 幕張メッセ
  • 出品予定:ヤマハYMR-01プロトタイプ
  • 出品予定:フェーザーR
アジア最大規模の農業展「第7回農業ワールド」が10月11~13日の日程で、千葉市の幕張メッセで開催される。リードエグジビションジャパンが主催し、農家、農協、参入検討企業が日本中から来場する。

農業ワールドは「農業資材EXPO」「次世代農業EXPO」「6次産業化EXPO」の3つにエリアが分かれ、農業に関する様々な製品やサービスが集まり、全国から来場する農業法人や農協、農業参入検討企業と出展社との間で商談が行なわれる。

農業資材EXPOと国際次世代農業EXPOには、IT農業、ドローン、植物工場など、進化していく製品や技術が展示される。国際6次産業化EXPOには、食品加工機、OEM、販売支援など、6次産業化に欠かせない製品・サービスが多数出展される予定だ。海外企業を含む800社が出展予定で、出展者数は過去最多となった。

来場対象者は農業法人、参入検討企業、農協・農業、道の駅・直売所、小売店・卸商、自治体・大学など。出展事業者は肥料・土、6次産業化設備、施設園芸 資材、植物工場、農機・ドローン、畜産資材などのメーカーや取り扱い商社。


会場の幕張メッセは午前10時の開場から多くの農業関係者が押し寄せ、各ブースでは活発な商談が行われ…
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集