【FIAドリフト】追走でアルカディ・サレグラセブ選手が首位、総合優勝は川畑真人選手に!!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
  • FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ
ドリフト競技の世界No.1を決定する世界初となるレース『FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ(FIA Intercontinental Drifting Cup)』。

東京・台場で2日間に渡り開催された同レース最終日となる本日、「単走」に続いて、トップ16選手によるトーナメント方式という1対1のガチバトル「追走」の「Leg2」が開催。

熾烈なバトルの末、チーム「PRIMRING TEAM WITH TOYO TIRES」のアルカディ・サレグラセブ選手(ロシア)が、チーム「TOYO TIRES GLION TRUST RACING」の川畑真人選手(日本)に1.5ポイント差をつけた11.5ポイントで首位となった。

そして、2日間に渡って開催された「Leg1」と「Leg2」のトータルによる総合ランキングで見事、総合1位に輝いたのは、「TOYO TIRES GLION TRUST RACING」の川畑真人選手(日本)。初代“世界一ドリフト王者”の称号を手に入れた。
《Qブロ!編集部》

編集部おすすめのニュース