VWの新型SUV T-Roc、最新コネクトと先進運転支援システム搭載

自動車 ニューモデル 新型車
フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
  • フォルクスワーゲンT-Roc
フォルクスワーゲンは8月24日、新型SUVの『T-Roc』に最新の車載コネクティビティと先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

T-Rocは、『ティグアン』の下に位置するコンパクトSUV。フォルクスワーゲンブランドの入門SUVとしての役割を担うモデルだが、車載コネクティビティや安全装備の面では、上級車に匹敵する内容が盛り込まれる。

車載コネクティビティでは、アクティブインフォメーションディスプレイとインフォテインメントシステムを連携させ、新しいデジタル対話型コックピットを提示。 スマートフォンやフォルクスワーゲン「カーネット」と接続すれば、幅広いオンラインサービスやアプリを使用したり、電話やメディアライブラリを統合したりすることが可能。

安全面では、T-Rocは全グレードに、緊急ブレーキ、歩行者モニタリング、フロントアシストエリアモニタリング、アクティブレーン保持システム、レーンアシストを標準装備。緊急サービス、自動事故通知、ロードサイドアシストも用意される。

オプションで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、リアビューリバーシングカメラ、リアトラフィックアラート、ブラインドスポットモニター、ブレーキ機能付きパークアシスト、交通渋滞アシストなどが選択できる。


フォルクスワーゲンは8月23日、新型SUVの『T-Roc』をワールドプレミア…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集