【ホンダF1】ストフェル・バンドーン、2018年もマクラーレンに残留が決定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ストフェル・バンドーン
  • ストフェル・バンドーン
  • ストフェル・バンドーン
  • ストフェル・バンドーン
  • フェルナンド・アロンソ(左)、ストフェル・バンドーン(右)
  • ストフェル・バンドーン
  • ストフェル・バンドーン
F1世界選手権に参戦するマクラーレンは23日、今季からフル参戦を開始しているストフェル・バンドーンを2018年シーズンも起用することを発表した。

ベルギー出身で25歳のバンドーンは、2015年にF1直下のカテゴリーであるGP2シリーズでチャンピオンを獲得すると、昨年は日本のスーパーフォーミュラに参戦し、1年目ながら2勝をマークする活躍をみせた。

F1では、以前から同チームのリザーブドライバーを務め、2016年の第2戦バーレーンGPでは、前戦で大クラッシュを喫したフェルナンド・アロンソに代わって参戦。いきなり10位入賞を果たす活躍をみせ、注目を集めた。

今年、念願のフル参戦のチャンスを得たものの、開幕戦から苦戦が続いていたが、先月行われたハンガリーGPでようやく初ポイントを獲得。今週末は自身の母国レースであるベルギーGPを迎うことになっている。

バンドーンは、「来年も、このチームで走れることを嬉しく思っている。ルーキーとしてのシーズン前半では本当に多くのことをチーム、スタッフ、そしてチームメイトであるフェルナンド(・アロンソ)から学んだ。マクラーレンや各パートナー、そしてファンに感謝の意を伝えたい」とコメントを発表している。


フェラーリは2018年シーズンもキミ・ライコネンが自陣に留まり、引き続き…
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース