鹿島臨海鉄道に12月、4両目のラッピング車…製作支援の記念乗車券を発売

鉄道 企業動向
新ラッピング車製作協賛金付き記念乗車券の表面と裏面。表紙は『ガールズ&パンツァー』最終章をイメージ。
  • 新ラッピング車製作協賛金付き記念乗車券の表面と裏面。表紙は『ガールズ&パンツァー』最終章をイメージ。
  • 記念乗車券の中面。製作中のラッピング車をイメージ。大洗駅から北浦湖畔駅までの乗車券が付く。
茨城県の水戸駅(水戸市)と鹿島サッカースタジアム駅(鹿嶋市)を結ぶ、大洗(おおあらい)鹿島線を運営する鹿島臨海鉄道は、8月1日から新ラッピング車の製作協賛金付き記念乗車券を発売している。

同鉄道では、人気アニメ『ガールズ&パンツァー』に、大洗駅や6000形気動車が登場したことを機に、2012年11月から同アニメにちなんだラッピング車を運行している。

2015年までに3両が登場したが、2016年には第1号車が引退したため、それに代わる4両目のラッピング車を、今年12月完成を目途に製作することになった。

鹿島臨海鉄道では、新ラッピング車を「見て、乗って、喜んでいただける車両を、応援してくださるファンの皆様とともに作り上げていきたい」としていることから、大洗駅で『ガールズ&パンツァー記念乗車券「ラッピング列車4号制作応援」』と題した記念乗車券を発売。希望すれば購入者の氏名(またはニックネーム)をラッピング車に掲載する。

発売額は1650円で、このうち協賛金は1020円となる。2000枚が発売され、描き下ろしのオリジナルポストカードも付く。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース