20周年を迎える予讃線のビール列車…7月7日には黎明期の車両で運行

鉄道 エンタメ・イベント

20年間に登場した3代の『夕焼けビール列車』。
  • 20年間に登場した3代の『夕焼けビール列車』。
JR四国は7月7日、予讃線松山駅(愛媛県松山市)~伊予長浜駅(愛媛県大洲市)間で、復刻『夕焼けビール列車20周年記念号』を運行する。

『夕焼けビール列車』は、キリンビールの協力により、1998年に運行を開始。当初は、ロングシートが並ぶ16m級車体のキハ32形に会議室のテーブルを設置してスタートしたが、列車内で生ビールが飲み放題という趣向が受けて人気が高まり、1999年からは20m級車体のキハ54形を使用し、定員を増やした。

そして、2001年からはトロッコ車のキクハ32形を投入し、『夕焼けビールトロッコ列車』としてリニューアル。窓のないトロッコ車で伊予灘の夕日を見ながらビールを楽しめるようになり、現在に至っている。

7月7日は、黎明期の姿を再現するため、キハ32形とキハ54形による『夕焼けビール列車』を運行。松山駅1番ホームでは、17時58分の発車に際して出発式が開催され、運行開始当時の駅長と現駅長による出発合図も行なわれる。なお、列車はすでに満員となっている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集