三井住友銀行、タカタを金融支援へ…総額250億円のコミットメントラインを設定

自動車 ビジネス 企業動向

タカタのメーンバンクである三井住友銀行は、タカタに対して総額250億円を上限とするコミットメントラインを設定したと発表した。

三井住友銀行は、タカタのエアバッグのリコール問題発生して以降、主力金融機関として金融体制安定化に協力。タカタの経営再建を検討する外部専門委員会とともに、リコール問題の解決に取り組んできたとしている。タカタが今回、民事再生手続きの開始を申請したことを受けて、資金繰りを支援するため、コミットメントラインを設定する。

金融面で支援することによって、タカタの取引先への円滑な支払いを通じてタカタ製品の供給を継続、グローバルで自動車産業のサプライチェーン安定に寄与するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集