智頭急行、乗車券と併用できる回数特急券を発売 7月3日から

鉄道 企業動向

智頭急行は乗車券と併用できる回数特急券を新たに発売する。写真は智頭線経由で関西圏と鳥取方面を結ぶ特急『スーパーはくと』。
  • 智頭急行は乗車券と併用できる回数特急券を新たに発売する。写真は智頭線経由で関西圏と鳥取方面を結ぶ特急『スーパーはくと』。
智頭線を運営する智頭急行は7月3日から、「自由席回数特急券」を発売する。同社は定期券との併用を条件にした「定期券用自由席回数特急券」を販売しているが、新たに発売する「自由席回数特急券」は乗車券などと併用して利用できる。

智頭線は上郡(兵庫県上郡町)~智頭(鳥取県智頭町)間56.1kmを結ぶ鉄道路線。普通列車のほか、JR線に直通して都市間を結ぶ特急『スーパーはくと』『スーパーいなば』も運行されている。智頭線内の所定の特急料金(大人)は指定席が520円、自由席が420円だ。

智頭急行が新たに発売する「自由席回数特急券」は5枚つづりで1500円。1枚あたりでは300円になる。有効期間は発売日から3カ月。智頭線内に限り普通乗車券・普通回数券と併用して特急列車の自由席を利用できる。フリー切符などとの併用はできない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集