日産、タカタの経営破綻に声明…リコール費用は引当て済み

自動車 ビジネス 企業動向

タカタのエアバッグ不具合によるリコールに該当する先代日産ヴァーサ(日本名:ティーダラティオ)
  • タカタのエアバッグ不具合によるリコールに該当する先代日産ヴァーサ(日本名:ティーダラティオ)
日産自動車は6月26日、タカタが民事再生手続開始の申立てを行うと発表したことを受けて、声明を発表した。

日産自動車とその関係会社は、タカタが製造したエアバック展開用エア充填装置(インフレーター)を複数の車種に搭載。そのエアバッグについて、これまでに度重なるリコール(回収・無償修理)を実施してきた。

また今後、さらなるリコールを行うことが見込まれており、これらのリコール実施により、日産はタカタとタカタ関係会社に対して、リコールに関する費用を請求する権利を取得している。

しかし、日産によると、タカタの民事再生申立てによって、すでに発生または今後発生するリコール費用求償権の大部分が、取立不能となると見込まれるという。

日産は、今回のタカタの件が業績に与える影響について、「日産と関係会社は現時点で、リコール費用について、適正に引当て済み」と述べ、影響は限定的との見方を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集