無免許で居眠り運転の少年、路肩走行の自転車に衝突

自動車 社会 社会

20日午前4時ごろ、新潟県新潟市西区内の市道を走行していた自転車に対し、対向してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。この事故で自転車に乗っていた高齢男性が死亡。警察はクルマを無免許で運転していた少年から事情を聞いている。

新潟県警・新潟西署によると、現場は新潟市西区赤塚付近で車線区別のない幅員約4mの直線区間。89歳の男性が乗る自転車は道路左側の路肩を走行していたとみられるが、斜行してきた対向の軽乗用車が衝突。クルマは自転車を巻き込みながら、道路脇の水田に転落した。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。クルマを運転していた同区内に在住する18歳の少年にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許運転過失致死)などの容疑で事情を聞いている。

現場は水田地帯を突き抜ける道路で、夜間の見通しは悪いという。少年は免許取得のために自動車教習所に通っている最中で、事故当時は家族所有のクルマを無断で運転していたという。聴取に対しては「居眠りをしていたかもしれない」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品