小型路線バスが対向してきたトラックと衝突、客3人が負傷---側面同士

5月31日午前8時55分ごろ、埼玉県越谷市内の市道を走行していた小型路線バスが対向車線側へ逸脱。対向車線側を順走してきた大型トラックの側面部に衝突する事故が起きた。この事故でバスの乗客3人が負傷している。

自動車 社会 社会
5月31日午前8時55分ごろ、埼玉県越谷市内の市道を走行していた小型路線バスが対向車線側へ逸脱。対向車線側を順走してきた大型トラックの側面部に衝突する事故が起きた。この事故でバスの乗客3人が負傷している。

埼玉県警・越谷署によると、現場は越谷市七左町7丁目付近で片側1車線の直線区間。小型路線バスは対向車線側へ逸脱し、対向してきた大型トラックの荷台側面部に衝突した。

バスには乗客乗員4人が乗車していたが、このうち客3人が座席から投げ出され、打撲などの軽傷。バスを運転していた鴻巣市内に在住する46歳の男性と、トラックを運転していた茨城県坂東市内に在住する59歳の男性にケガはなく、警察では自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

双方の車両とも真正面には損傷がなく、右側面部が中心に損傷していた。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集